ウサギはBarに                    行けないちん。                         うんうん、                 行けないちんなぁ。


by anzou_s
カレンダー

<   2004年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

二千円札

お札といえば,気の利いたBarへ行くと,つり銭の札は必ずピン札をくれる。
あれはとても気分のいいものだ。

ところで最近二千円札って見たことあります?
私の財布には昨日まで「いつお払い箱にしてやろうか」とばかりに
出番を待つ二千円札が一枚居候しておりました。
なんだか厄介なお札ですよね。ちゃんとしたお金ですのに。

一万円札で千円程度の買い物をしたとき
5000円札を交えてお釣りを貰うのが大体あたりまえ。
店側が5000円札をきらしていて,
「1000円札だけの釣りになってしまいますが。」
たまにそんな風に断りを入れられて,
ちょっと沢山釣りを頂いた気分になってしまうことがあります。

しかし二千円札が入る場合の「断り」はまた5000円札切れの時と
若干ニュアンスがちがう。
店側も,「2000円札なんて,交えちゃってよろしいでしょうかね?」
といったような感じだ。

お互いババ抜きでもしているかのように早く,
「ババ」のカードを捨ててしまいたいのである。
お客様に「ババ」をわたすわけですから,
そ知らぬ顔で渡すなんてことはしたくない。
そんなわけで「断り」を入れるわけだ。

つい先日の話。
首都高速を降りるのに700円支払った。
申し訳ないことに手持ちが一万円札しかない。

「すまないけど一万円札で」
と告げながらウィンドウをおろしてお金を差し出す。
料金所のオジサンはそのお札を快く受け取ったような気がした。
普通,嫌な顔をするのに,いいおじさんだ。
そう思ったのも束の間。

「ニセサツまじっててもいいですか?」

「へ?」(ニセサツ?)

こちら側に見えるようにおじさんは手早く
9300円のつり銭を数えてみせていた。

・・・ニセサツと聞こえたソレはニセンエン札であった。

そりゃそうだ。日本道路公団ともあろう団体が
大手を振ってニセサツを使うなんてことはあり得ん。

ちなみにニセンエン札の裏側。
左下の文章は源氏物語38帖「鈴虫」詞書で,
縦書きの文章を上半分だけ抜き取ったものなので,
意味は通じないらしい。
もし紫式部が生きていて,このお札を目にしたら,
怒り狂うに違いない。

全く話は変わりますが最近携帯のメールに架空請求詐欺の駄文がよく届く。
いつか添削して返信したいと思っている。
次回は架空請求のお話をしてみたいと思う。
[PR]
by anzou_s | 2004-09-29 14:04 | その他

紅乙女

昔々まだ私がうら若き乙女な頃。
とある小さなスナックで働いていたときのこと。
(なんだか昔の歌謡曲のようですね)
そこでメインで出していた焼酎に紅乙女がありました。

黒系のラベルに鮮やかな赤いロゴ。
スタイリッシュでいて,
ちっとも安っぽくないそのラベルが大好きでした。

中身は胡麻焼酎。
まだ焼酎なんてブームになるなんて予想だにしなかった頃です。
味は油を抜いて香りだけ残したごま油の如し風味が大変良い。

巷はワインブーム。
川島なおみがお笑い漫画道場から退いて
女優道へと進んでいた時分でしょうか。
そんなころに焼酎を飲んでいるなんていう女性はかなり
「イケてない」と評価されていましたので
その胡麻焼酎がすきなんて口に出すのもはばかりました。

いまは本当にいい時代になりましたね。
芋でもイモくない。(笑)←恐ろしく古い。

ま,そういう時代を生き抜いたワタクシでありますので
焼酎にはどうも抵抗があったのですが
友人Aチャンが焼酎Barでバイトを始めてから
ん。焼酎もなかなかいいもんではないか。と思うようになりました。

で,家でも焼酎を取り揃えようかと昨晩遅くまでネットショッピング。
なんだか無性に紅乙女のラベルが我が手に欲しくなったのです。
それはなんだか画家の絵を欲しがるかのように。

ついでに月桃で飲んで旨かった黒糖焼酎をオーダーしようと探すんですが
ブームはイモだけじゃなかったんですね。
欲しいと思っていた黒糖の殆どが品切れ。

籠宮,喜界島,れんと・・・
ないない。ない。
結構レアなもの取り揃えていたのだなあとちょっと感心。

今回は仕方なく「奄美」(黒糖焼酎)と,「りしり」(昆布焼酎)と「紅乙女」をオーダー。
届くのが楽しみである。
「りしり」は仕事の関係の人たちと前品川にある「北海道」という居酒屋で
飲んだのですが,これまた飲み終わって鼻に抜くかおりが昆布!
ほのかな塩ッ気がまたついつい飲みすぎてしまう旨い焼酎だった。

今まで我が家は「ナンチャッテ」スコッチ&カクテル・バーだったのに,
これからは焼酎バーになってしまう。

なんとまあ流行りに乗ってしまったことか。
私としたことが「うかつ」である。
以前Blogで焼酎にモノ申したばかりだというのに。
[PR]
by anzou_s | 2004-09-28 16:53 | 焼酎

茹でた孫

いきなりこのタイトルに
「何?とうとう酒の勢いとストレスで第2の北村真美になっちゃった?」と
驚いた方,ご安心ください。

私は正気です。
ちょっとばっかり歩きすぎまして足が痛くてたまらないですが
秋の風物詩「月見バーガー」も食しましたし私生活は順調です。

でもですね,最近どうもファーストフードがあまり美味しく感じられない。
どうもヘンに脂っこいものが苦手になってきました。
さらにTVでドモホルンリンクルのCMが始まるとお試しセット請求の
フリーダイヤルの番号を思わず頭で記憶したくなる衝動に駆られます。

あと桃井かおりに妙に親近感を抱くようになりました。

やっぱりあれですかね,歳ですね。
それをハッキリ実感できるのが,
お友達などとおしゃべりしている最中に,
「そぉなのよぉ」と相槌を打ちながら手首のスナップを利かせ,
手招きするポーズ(ハイ,一緒にやってみてください)を
無意識にやっております。

これ,やはり「オバサン初期症状」ですよね。

それから,あれですあれ。
物忘れのひどくなった証拠に名詞などがなかなか出てこなくなりまして,
このまえなどは「ディズニーシー」が思い出せなくて
「アレよ,アレ。あのディズニー・・・アレ・・・あの海物語」
(何故スロット!?やらないのに。)なんて言ってしまう始末。
しかしディズニー+海物語でどうやら友人は
「ディズニーシー」だとちゃんと分かってくれたようです。

そんなフヌケた今日,知人に一通のメールを送りました。
「ゆで卵がたべたい」という内容のメールです。
さあこのへんで本日のタイトルの意味がわかってらっしゃる方,
相当勘がよろしい。まだ脳年齢は受験生レベルですよ。素敵。

そうなのです。ぼけっとしてメールを書いていたので
「ゆでたまごたべたいな」=「茹でた孫食べたいな」と誤変換し
そのまま送信。

数分後
「アンタ孫いたっけ。しかもそれ殺人ですけど」
とのご返答。

昨日の悪意のない万引きといい,
私の脳みそはもうまるでつるんと茹でた孫のようにシワ一つないんでしょうね・・・。

そんなわけで
金欠病と痴呆症という重い病の二重苦でBarにも行けません。

誤変換集
[PR]
by anzou_s | 2004-09-27 20:58 | その他

本屋

b0009494_23471148.jpg

今日とある本屋に行きました。
レジ脇に無料の小冊子やリーフレットがならんでいました。

私は買った本の会計を済ましながら
それらの小冊子を眺めていた。

すると、ひとつ面白そうな冊子が目にとまった。
支払いを済ました本と一緒にその小冊子も
持ち帰る。

家に帰って何気なく無料の小冊子の背表紙に目をやると

「定価200円」とあるではないか!

この歳で、やる気でやった訳ではないとはいえ
万引きしてしまったようだ。
明日、事情を話して200円払ってこようとおもう。

本屋さん、すみません。


*ayako*
[PR]
by anzou_s | 2004-09-26 23:45

エビでタイを釣る。

4、5日前から土曜日(本日)は私がランチをご馳走するからと
母親をデパートに誘い込んだ。
わがままで気まぐれな彼女のこと,
直前に「やっぱり行かない」とか言い出しかねない。
そのために事前に懐石をリザーブした。
昼なのにお一人様5000円のランチである。
我ながら「ふんぱつ」した。

珍しい事である。
天と地がひっくり返ったかのような大事件。
私が親にご馳走するのである。
しかしその裏にはひっそりとした陰謀。

「エビでタイを釣ろう」作戦だ。
まあタダでおごるわけではない。(ヒヒ。)

勿論,スポンサーのお財布の中身が気になりますので
事前に打診はしておいた。

いっちょ前にBarなんかに行って
味もわからんカクテルに旨いなどといい
スコッチやラムやシガーを嗜むクセに
そんな私もまだまだ親の前にでれば
30歳にもなるのにまだ未だ,
「ただのスネかじりなムスメ」なのである。

しかし昨晩電話で
「調子が悪いから明日はキャンセルさせて~」と。
なにかをねだられるような予感がしたのだろうか。
恐るべし母親の勘。
朝一に,予約した懐石をキャンセルせねばならなくなった。

仕方がないので昨晩,
晩酌はいつもより多めにしてしまった。
明日の予定がなくなったからだ。
タップリ深酒して寝たのは白々と夜が明けてから。
しかしまた彼女の気まぐれが始まった。
「やっぱり行く~~」
と,am9:00のモーニングコール。

ああ,起きてみれば昨晩の酒が,しっかり残っている。
焼酎を殆どボトル1本&ワインのボトルなどあけてしまった故
シッカリと二日酔い。今度はこっちの調子が悪くなった!
なんという失態。
二日酔いではスポンサー様に,
美味しく楽しく気分よく気前良くなる様,
お食事を接待するのは無理だ。

いそいで味噌汁を作って飲んだ。
二日酔いにはこれが効く。

二杯目の味噌汁。まだ効かない。
胃腸薬を飲んだ。頼む,効いてくれ。
2時までに!効いてくれればいいから!
[PR]
by anzou_s | 2004-09-25 10:44 | その他

香水―ある人殺しの物語

「舞台は18世紀のフランス。
町は汚穢(おわい)にまみれ、至るところに悪臭が立ちこめていた。
そこに、まったく体臭のない男がいた。
男にないのは体臭だけでない。恐ろしく鋭い嗅覚と、
においへの異様なまでの執着以外に、男には何もなかった。」

主人公はジャン・パテスト・グルヌイユ。
市場で魚をさばいていた妊婦がその生臭い仕事場で
グルヌイユを産み落とす。
そのような場所で産み落とされた赤ん坊は全くの無臭だった。
あかちゃんの暖かい髪の香り,
手や顔の肌のキャラメルミルクのような香り
そんなものが一切なく,代わりにその赤ん坊には
類稀な,何でも嗅ぎ分けられる嗅覚を持っている。

なんとものっけから生々しい描写のこの小説。
香水についての物語というよりも,
この世のあらゆるものの「匂い」について語られている。

手すりの鉄の匂い,
何キロも先の街から流れてくる人間の体臭。
真っ暗の,なにも見えない部屋でも嗅覚を頼りに歩く。

そしておそろしいまでの生命力の強さ。

様々なチャンスをものにし,
香水調香師として名をあげ,香水の香りだけではあきたらず
自分の体臭を意のままに創造し,
最後には美しい少女を何人も殺しては,
その少女たちの香りを手にする。

ワインセラーに並ぶワインコレクションのように
時に一人でその少女たちの香りの小瓶を取り出しては
香りの遊びに耽るグルヌイユ。

本を読んでいるはずなのに何故か私は
色々な香りを頭の中で模索していた。

花粉症の時モノをたべても美味しく感じられない。
そういう人がいる。
私は花粉症だったり鼻炎もちではないので良く分からないが,
匂いというのは息をしているときに何気なく体で感じているものだが,

「香りを嗅ごう」と思っているときや
鼻を突く悪臭だったり,おいしそうな香りだったり,
そういったものがないかぎりはあまり機能していないように思っていた。
この小説を読んで,この世に存在するどんなものにも
例え空気にも水にも。
名前すらないような物質や草木にでも。
なにかしらの「匂い」はあるのである。
そんな事に気づかされた。

それらが複合して匂いは,そのときの目で見た記憶や
ココロで感じた記憶と一緒に封じ込められる。

ヒトの手によって作られた香りによりも,
自然に調合された香りにもう少し目を向けてみようと思う。

いい季節だし,外へ出よう。
そしてBarへ行こう。
カウンターの木の香り,スコッチの香り,
シガーの残り香,カクテルのフレッシュフルーツの香り・・・。
何十年も営業してきて年季の入ったBarの香り。

Barの楽しみ方がまたひとつ,この本によって増えたような気がした。

著者:パトリック・ジュースキント
[PR]
by anzou_s | 2004-09-24 19:39 | 好きなもの

ベルバルーン

b0009494_22245248.jpg

久しぶりに童心に還りました


*ayako*
[PR]
by anzou_s | 2004-09-23 22:23

耐えきれない

そのキモチを抑えられず
馴染みのBarへフラフラと立ち寄る。

表にはClosedの立て札
とことんツイてない。

他の馴染みの饗'sダイニングというダイニングバーに行った。
2階のカウンターで一人でぼんやり飲んだ。
顔見知りのバーテンダーは休み。
代わりに可愛い女性バーテンダーがいた。
目が魅力的な女性だった。

ギムレットを頼んでみる。
テンダーBarのオンザロック・スタイルだという。
心なしか氷の形がハート型に見えた。
グラスもよく冷えていて美味しかった。
そこでさらにスキャパ,アードベックをいただき,
またハシゴを始めた。ほろ酔いいい気分である。

次に行ったのは
ブルーカナリヤ・2ndブルーカナリヤの支店である。
支店といっても本店から目と鼻の先。
歩いて50歩もなかろう。

本店はダークブラウンな大人のイメージだが
こちらは女性バーテンダーの数も多く
ライトブラウン系のちょっとだけ明るいBar。
カップルでの利用ならテーブル席も充実している
こちらの方がお勧めだ。

お客は8時半だというのにカウンターにひとりだけ。
しめた。このすいている空間はイイ。
ブルームーンをオーダーし,ちょっと一息。
オードブルをつまみながら,
今日ここにきた経緯をバーテンダーに話した。
なんとなく同情された。

ラガヴーリンの5年を頼む。
色は水出し麦茶のまだ抽出中みたいに,色など殆どついてない。
香りの割にはパンチの効いたイイ酒だった。

次第にカウンターは混雑し始める。
隣に座った紳士がシガーを求めた。
私は興味津々にそのさまをずっと横目で眺めていた。

「煙がおきらいですか?」
そう尋ねられたので,
そうではなくむしろいい香りで私も一度は吸ってみたいと話した。
「こちらの女性にも同じシガーをひとつ。」
隣の紳士は気を利かせてシガーをひとつ,ご馳走してくれた。

勿論私はシガーなんて吸った事はない。
あの太い葉巻はいかに私の口が大きかろうとちょっと持て余した。
すぐに火が消え,またつけなおす。
ぎこちない持ち方とその動作に隣の紳士もなんだか苦笑いの様子。
しかしあれは旨い。
是非どこかでひっそりと練習してシガーバーなどに通ってみたいものだ。

シガーに合う酒を用意してもらった。
ラムだ。
ラムとシガーには密接な関わりがあり,
単純に味が合うというだけではないのだ。
その薀蓄はまた次回にするが,

ラムを飲んでいるとなぜか今までの酔いが吹っ飛んだ。
また調子よくモヒートをオーダーする。

隣の紳士はシガーが終わるとさっと勘定を済まして
帰っていった。

9時には帰ろう。とおもっていたのにそのときすでに11時。
随分長居をしたもんだ。
モヒートのグラスを空にするとそろそろ本格的に御前様になりそうなので
勘定をせがんだ。

2100円。「え?」
我が目を疑った。

お隣のお客様が・・・。
バーテンダーは不思議そうに私を見た。

ああ・・・申し訳ないことをしたなあ。
シガーだけのつもりが,
カクテルとスコッチとラムの会計まで押し付けてしまっていたようだ。

またあの紳士にどこかでお会いしたら
今度は私がなにかご馳走したいと思っている。
b0009494_1250154.jpg
[PR]
by anzou_s | 2004-09-22 12:43 | My favorite Bar

100yen

ええ,今実家に帰省しておりまして。
再びローカルな船橋ネタで申し訳ありません。

只今,飼い猫が横でいびきをかいて寝ております。
夕飯のおかずにかぼちゃの煮付けを煮終わりまして,
キューピー3分間クッキングのBGM。
そのあとは「おもいっきりテレビ」
私って今,3食昼寝つきのぐうたら主婦?
などと錯覚してしまいそうな,
なんだかのんびりとした敬老の日であります。

こんな生活をしておりますのでなかなかBarにも行けず。
寂しいかぎりでおりますがその分,
昼間に出没するスポットが増えました。

昨日はまた船橋西武に立ち寄りましてウィンドウショッピング。
ショパールの指輪を見てきました。
カワイイ♡のリングのなかには空洞が出来ていて
中に小さなダイヤがクルクル動いています。
ホワイトゴールドのクセに安くても20万円以下などは殆どございません。
勿論。みるだけ~~~~です。

実際にお買い物をするのは100円均一。略して100キン。
ワタクシこの「100キン」という略しかたが大嫌い。
理由はないんですけど字面が悪くないですか?

まあ,そんな愚痴は置いておきまして,
船橋には5階建てのダイソーがあります。
5階建てですよ,5階まるごと100円均一。
デパートさながらに1Fは化粧品フロア,2Fはステーショナリー。
などなどあのお店をくまなく全てみてまわろうとしたら
相当な時間がかかると思います。

そこで,見つけました「ナチュラル・・・・???」
あ,これはarlyがBlogでちょっとお話していた吉祥寺のナチュラルキッチン?

と思いましたら「ナチュラル・ハウス」という,
ソレのナンチャッテコーナーが設けられていました。
隣にはアジアン雑貨,和風雑貨。
あらら,100円均一もおしゃれになったもんです。
早速大人買いをしてしまいまして計5000円。

イタリアンのお店のテーブルとかにありそうな
籐籠にランチョンマットを敷いたフォークやナイフを入れる,
あれです。あれ。あれを真似しようと,
一式(籠・マット・スプーン・フォーク・ナイフ二人分)
そろえて800円。こりゃ安い!しかもカワイイ。

他にもランチョンマット2枚と小皿やグラス,
四文字熟語辞典,ヒーリングのCD,梅ぼし,レモン絞り器etc・・・。
これでもかと買い込んだ。いいストレス解消になるナァ・・・。

しかしあれですよね,100円均一のあのビニール袋。
あれいけませんね。
タップリ買い物してウキウキでレジに進み,
ビニール袋に詰め込むと大きな荷物に。
こんなの持ってたらいくらお洒落して買い物に出かけたって
(お洒落して100円均一に行くな?)
このでかいビニール袋持ってたらちょっと洒落たカフェにも
恥ずかしくて立ち寄れない。(船橋はまだ喫煙カフェが溢れている)

電車に乗るのも恥ずかしくなって
そのまますごすごとタクシーに乗って帰宅した。
なんだか安い買い物をしたのに交通費にこんなにお金がかかっては
本末転倒というものではなかろうか。

100円均一に改善要求。
袋代払ってもいいですから,あの恐ろしく生活感タップリな
ビニール袋を撤廃してくださいな。
そしたら集客ももう少し伸びるのではないでしょうか。

ああ,そんな事をぶつぶつ言ってもやはり今日も
あの5階建ての巨大アミューズメントに通ってしまうのだろうか。

・・・まてよ?フランフランなんかで的を絞って買い物すれば,
5000円あればちょっといい買い物,できたんじゃないのかしら?
[PR]
by anzou_s | 2004-09-21 16:31 | 好きなもの

いいい,痛い・・・

b0009494_1155868.jpg

20日のBlogを書き忘れたのは,Komaoさんが
「大の字で寝た」といいたかったのを「8の字でねた」と
間違えて言ってしまったのを聞いて笑ってしまい
更新どころではありませんでした。

うちの「あやにゃごさん」でさえ8の字になりそこないです。
Komaoさんは軟体人間!?

クレームはKomaoさんへ。
[PR]
by anzou_s | 2004-09-21 00:54