ウサギはBarに                    行けないちん。                         うんうん、                 行けないちんなぁ。


by anzou_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アマレット


b0009494_12104428.jpg
先日、「ノルマンディ・コネクション」というカクテルを頂きました。
甘くて少々アルコール度数は高め。
かすかに杏仁豆腐のような、
アーモンドのようなクセのある香りと
アップル・ブランデーの味がとても美味しいカクテルでした。

レシピは詳しくは分かりませんが、

カルヴァドス(アップル・ブランデー) 3/4
アマレット 1/4
クリーク・ライカ(クレーム・ドカルヴァドス)少々(?)
氷を入れたオールドファッションドグラスに注ぎ、軽くステアする。

と、まあこんな様な感じ。
これを普通のブランデーベースに変えると、
お馴染みの「フレンチ・コネクション」となるわけです。
飲んだことは無くても名前くらいは聞いたことがあるのでは?

<レシピ:アバウトです。>
ブランデー(クルボアジェなどが良いですね) 3/4
アマレット 1/4

それもそのはず。
ちょっと古い話ですが1971年公開のアメリカ映画、
ジーン・ハックマン主演の「フレンチ・コネクション」
に、ちなんで命名されたカクテルなのです。

そしてまた、ベースのブランデーをウイスキーにかえると
「ゴッド・ファーザー」というカクテルになるわけですが、
こちらも、ものすごく有名な映画の名前ですよね。
私も個人的にアルパチーノの大ファンでして。

ま、それはともかく
「ノルマンディ・コネクション」の方は、
名前の所以は何なんでしょうね?
知ってる方いらっしゃったら、ご一報お待ちしてマス。

では本題。
本日のタイトルの「アマレット」というリキュールを知ってますか?
私も名前ぐらいは知っていて、たまに頼むカクテルの中に
「ちょびっと入れてるな」、とか、カクテルレシピを見ていて
「良く登場するリキュールだな、」くらいの認識でした。

このアマレット、とても歴史が古いリキュールで
生まれはイタリア、ミラノ北部のサローノ村。
そしてミラノ北部の地方銘菓のアーモンドケーキの名前、
「アマレット」に香りがそっくりであった為、
アマレット・ディ・サローノ(サローノのアマレット)
という名前がついたそうです。

アマレットの原材料は、
杏の核(杏仁)を中心に17種類のハーブや果実を配合したものと
スピリッツ、砂糖をバランスよくブレンドして作ります。
そして隠し味に、このリキュールには、
"甘い恋の物語"もブレンドされているのですよ。

そうか、やっぱり。
杏仁豆腐のような香りがしたのにはちゃんと理由があったのか。
でも私には"甘い恋の物語"の味はしませんでしたけどね。
一度、ストレートで食後酒のデザート代わりに
素敵な男性と一緒に飲んでみたら、
私にも"甘い恋の物語"の味がするかもしれませんね。
・・・したら、いいな。
[PR]
by anzou_s | 2005-03-28 12:12 | カクテル