ウサギはBarに                    行けないちん。                         うんうん、                 行けないちんなぁ。


by anzou_s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Craigellachie

b0009494_1337764.jpg

クレイゲラヒ、クリゲラヒ、クレイゲラキ。
色々呼び方があるこのモルト。
インターネットでこの酒を探すのも一苦労。
キーワードが多すぎて・・・。

思い出深いモルトでもあり、
今一番旨いモルトだと思っているその一本。

体良くバースデープレゼントに仕立てられ、
昨日我が家に届いたクレイゲラヒ14年。
まあそこそこの値段なので納得するとしよう。

最初に飲んだのは銀座のとあるBar。
香りを嗅いだ瞬間のあの驚きは今でも忘れられない。
ホワイトホースのキーモルトであり、
それ故にクレイゲラヒ単体では殆どボトリングされない。
あってもボトラーズ物が2種類程度。

そのなかでも我が家に届いたのは貴重なボトル。
正式に販売されている商品ではなく、
それぞれの蒸留所のスタッフ及び
関係者にのみ配られる限定ボトル。

本当の意味でのファーストリリース物。
銀座のとあるBarで飲んだのと同じ物。

封を切り、開けたての小気味いい音をたてて
グラスにちょこっと注ぐ。
ホワイトホースを髣髴とさせる(当たり前か)香り。
でももう少し甘い。柔らかい。

幸せの味。

こいつをもう少し味わいたいが
「もう少し・・・」というところでやめておこう。
いつでも、「もう少し幸せなら・・・」と思っているときが
一番幸せなときだと思うから。

・・・とかいいつつ、
週末酒で大失敗をやらかしたもんで
反省の意味を込めての節酒でもあります。
[PR]
by anzou_s | 2005-03-07 11:30 | スコッチ