ウサギはBarに                    行けないちん。                         うんうん、                 行けないちんなぁ。


by anzou_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

"焼いたワイン"

ブランデーというとどうもイメージがあまりよろしくない。

猫を抱いたバスローブのマフィアのボスが豪華なリビングで
沈むようなふかふかソファーでシガー片手にくつろぎ,
でかいブランデーグラスと,テーブルにはクリスタルのデキャンタ。

もしくは
石原裕次郎の名曲「ブランデーグラス」

いずれにせよどうも「おやじくさい」イメージが付きまとうが,
そもそもブランデーとは一体原料は何で,どういう風に作られているか
パッと答えられる人は一体どのくらいいらっしゃるでしょう。
多分そんなに多くはないはずです。だって,
そんなオヤジ酒,あまり興味もないでしょうから。。。
そういわれてみれば近年オヤジギャルなんて言葉流行りましたよね?
あのとき日本酒,焼酎,ホッピー,健康ドリンクなんてのは
オヤジの飲み物の代表として一世を風靡しましたが,ブランデーだけは
何故か下火のまんま。所詮流行なんて都合のいいシロモノですからね。
仕方がないか・・・。

ま,そんなオヤジ飲兵衛たちに今日も新しいお酒をお届けします。

タイトルにもあるように"焼いたワイン"。
ブランデーは最初,こう呼ばれていたそうです。
ワインと呼ばれるくらいですから,原料はぶどう。
いいえ,ぶどうだけであはりません。
林檎やさくらんぼ,オレンジなどのブランデーもあります。
それらを発酵させ,蒸留した酒のことを総称してブランデーと呼ぶんです。

ほらほら,フルーツです。美味しそうでしょ。
果実酒なんですよ,ブランデーは。あんな琥珀色のオヤジ臭い色してても
中身はとってもフルーティーで華やかな味と香りなんです。
そんな美味しいお酒をのむのがオヤジの特権なんて勿体無い。

ブランデーにもコニャックやアルマニャックなど
色々な種類や分類がありますが,
美味しくお酒をのむのにそんな堅苦しい説明はいりません。
少々の薀蓄ですが,ブランデーのはじまりは
17世紀の初め、フランス・コニャック地方は寒波と宗教戦争の影響によって
良質のワインを作れなくなってしまいました。
そのため,そのままではとても飲めないようなまずい,
質の悪いワインばかりが流通しはじめたのです。
そんなあるとき錬金術師が自分の仕事道具の蒸留器に,
飲みかけのワインをいれて蒸溜してみたのです。
すると、この酒が意外にも旨い。その評判はまたたく間に広がり,
なんと本格的に生産されるようになってしまったのです。

その頃のブランデーは無色透明。まだ樽に入れて熟成させるということを
しなかったのですね。そのためいまよりも随分と
荒々しい味のお酒だったといいます。
さ,そんな歴史のある偶然の産物,ブランデーを飲みましょう。

まずBarにいきまして,
「ブランデーください」というと大体ぶどうから作られた蒸留酒のことをさします。
お馴染みのヘネシーやマーテル,カミュなどがそれです。

「カルヴァドスください」というとリンゴのブランデーがでてきます。
ドイアンダージュ,ブラー,シャトー・ド・ブルイユなどがそれ。

「キルシュ」というとさくらんぼのブランデーです。
さくらんぼのブランデーをそのまま飲むことはあまりないですが,
おもにカクテルに使うよう,殆どのBarにおいてあります。
興味がある方は是非バーテンダーに味見させてもらってみてください。
なんとなくテキーラに似た,
酸味のあるあまり美味しいとは言い難いお酒でした。

私は葡萄から作られたブランデーも好きですが,
カルヴァドスも大好きなお酒の一つです。
葡萄のブランデーが焼いたワインと言われるならば
カルヴァドスはさしずめ焼きリンゴのワインとでも言うのでしょうかね。

カルヴァドスのボトルを開けて香りをかぐと
本当に甘い甘い焼きリンゴの香りがします。
香ばしいアップル・パイの香りとも感じます。

アルコール度数は40度~60度とやや高めなのでお酒に強くない方は
ちょっと飲みづらいかもしれませんが,
ケーキ作りが好きな人,一本買って置いてソンはしませんよ。
お菓子の香りづけにも最高に重宝する逸品なんです。
一本3000円くらいのカルヴァドスで丁度いいでしょう。

そのままで飲むも良し,
ジンジャーエル割りにしたり,アイスティーで割ったり。
生クリームでシェイクしたり。

割とカジュアルに飲める楽しいお酒です。
ブランデーが,ちょっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

今日は私,近所のマルイの地下で買いました
シェリー(ティオ・ペペ)と国産のシードル,
アメリカ産フルーツワインを飲んでいます。
・・・おツマミはアボガドのスライスをわさび醤油で頂いています。
[PR]
by anzou_s | 2004-08-21 23:48 | ブランデー